beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルギー・リーグ2018-19特集ページ

2018-19シーズン日程&結果
プレーオフ2日程&結果
ベルギー・リーグ得点ランキング
ベルギー・リーグ選手名鑑

日本人選手スケジュール
伊東純也(ゲンク)
森岡亮太(シャルルロワ)
遠藤航/関根貴大/冨安健洋/鎌田大地/木下康介(シントトロイデン)
豊川雄太(オイペン)
植田直通(セルクル・ブルージュ)

■プレーオフ
プレーオフ1※第10節終了
1.ゲンク(52)11
2.クラブ・ブルージュ(50)8
3.スタンダール・リエージュ(40)1
4.アントワープ(39)-4
5.ゲント(35)-5
6.アンデルレヒト(32)-11

プレーオフ2A※第10節終了
1.シャルルロワ(22)13
2.シントトロイデン(17)3
3.ウェスターロ(12)1
4.オーステンデ(12)-3
5.オイペン(11)-6
6.ベールスホット・ウィルレイク(8)-8

プレーオフ2B※第10節終了
1.コルトライク(24)14
2.ユニオン・サン・ジロワーズ(20)10
3.ベフェレン(13)-7
4.ズルテ・ワレヘム(13)0
5.ムスクロン(8)-3
6.セルクル・ブルージュ(7)-14


■ベルギー・リーグ順位表※第30節終了
1. ゲンク(63)+32
2. クラブ・ブルージュ(56)+32
3. スタンダール・リエージュ(53)+14
4. アンデルレヒト(51)+15
5. ゲント(50)+8
6. アントワープ(49)+5
7. シントトロイデン(47)+11
8. コルトライク(43)+2
9. シャルルロワ(42)0
10.ムスクロン(40)0
11.ズルテ・ワレヘム(33)-11
12.オイペン(32)-23
13.セルクル・ブルージュ(28)-24
14.オーステンデ(27)-23
15.ベフェレン(27)-13
16.ロケレン(20)-25

※16位は自動降格。順位決定方式は勝ち点が並んだ場合、当該チーム同士の成績を優先

※年間リーグのあと、リーグ戦上位6チームがレギュラーシーズンの半分の勝ち点(奇数の場合は繰り上げ)を持って「プレーオフ1(チャンピオンシッププレーオフ)」を戦う。「プレーオフ1」で3位以内に入ると、以下の出場権を獲得。4位は「プレーオフ2」決勝へ進出する。

※リーグ戦で7~15位のチームと2部の1位~3位は「プレーオフ2」に進み、6チームずつ2組に分かれてホーム&アウェーで対戦。各組1位がホーム&アウェーの準決勝を行い、勝者が「プレーオフ1」4位との決勝へ進出。勝者はEL予選2回戦への出場権を獲得する。

■欧州CL:「プレーオフ1」優勝
■欧州CL予選3回戦:「プレーオフ1」2位
■EL予選3回戦:「プレーオフ1」3位
■EL予選2回戦:「プレーオフ2」決勝勝者
■ELグループリーグ:国内杯王者

▼ベルギー・リーグ関連NEWS

▼ベルギー・リーグ関連PHOTONEWS


▼アーカイブ
ベルギー・リーグ2017-18
ベルギー・リーグ2016-17
ベルギー・リーグ2015-16
ベルギー・リーグ2014-15

海外組ガイド
プレミアリーグ2018-19
リーガ・エスパニョーラ2018-19
ブンデスリーガ2018-19
セリエA2018-19
フランス・リーグアン2018-19
ポルトガル・リーグ2018-19
オランダ・エールディビジ2018-19
トルコ・スーパーリーグ2018-19

TOP